歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 
◆歯科医院経営ブログ

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

中規模以下の歯科医院の院長が蒔いた種はどれ位花を咲かせるのか?  [2024年04月11日]
 
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
さて、先生の歯科医院では中期経営計画に基づいて継続的に経営対策が実行されていますか?
 
大きな歯科医院では当たり前になりつつある中期経営計画と継続的な経営対策ですが、中規模以下の歯科医院では「計画的」とはなっていないことも多い様です。
そして計画を立てたとしても達成の精度が低いのです。
 
 
 
例えば単年度の経営計画で「売上110%」と設定したとします。
「自費売上増」「ホワイトニング患者増」「新患増」で目標を達成すると計画ではなっている。
 
しかし、それらの売上が伸びる根拠(具体的な方策)とアクションプランがそこには示されていないことが多いのです。
 
だから一年間取り組んで「ホワイトニングは目標を達成したが自費売上と新患が想定より伸びなかった」という総括をしがちなのです。
 
 
 
大きな歯科医院では「この数値を伸ばすことによって自費売上が増える」とか、「ここにお金をかけたら新患が増える」という対策ポイントを持っておられます。
だから計画の精度が高いのです。
 
 
無駄なところにはお金をかけずに必要なところには大胆に投資する。
それも大きな歯科医院の院長の共通点だと感じます。
(いままで沢山の失敗をしてきたから何に投資するべきかが分かるそうです)
 
 
先生の歯科医院では今年どれ位の経営対策を実施される予定でしょうか?
そして、院長が蒔いた種はどれ位花を咲かせてくれるのでしょうか?
 
例えば「コンサル数を増やす」と決めたなら、どうやればコンサル数を増やすことが出来るのかをフロー図にしてスタッフと話し合うなど具体的に進めてくださいね。
 
 
 
 もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
経営相談のお申込みとお問合せ
Posted at 05:00
 
<<  2024年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
森脇康博のFacebook
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ