歯科医院の経営コーチなら三方よしビジョン達成サポート/開業医団体で30年の勤務経験があり、安心してご依頼いただけます。

 

三方よしビジョン達成サポートがおこなっている歯科医院の経営サポート内容についてのご案内です。

歯科医院経営サポート内容

 

☆主なサポート内容☆

人口減少に加え歯科医療需要が大きく変化するなかで、従来の経営対策の効果は弱くなっています。

歯科界に今までなかった「10年後を見据えた経営戦略と対策」をご希望の方は、ご連絡ください。

 

クライアントのご希望、医院の経営環境、収益モデルによって対策費用は変わります。

 

◆お問合せ

 無料

 ・お悩み、問合せ内容についてメールでお書きいただき、当方で解決できるか、サポートが可能かについての擦り合せを致します。

◎無料での問題解決アドバイスなどは行っておりません。

 

 

◆簡易経営環境診断

費用:別途見積り

 

<診断ポイント 1> 

◆ホームページ、口コミ簡易診断

ホームページの内容、キーワード検索順位、口コミサイトの掲載内容などを診て、新患を増やす上での改善点をお知らせ致します。

①現在のホームページの効果と改善点

②キーワード検索順位と改善点

③口コミサイト

 

 <診断ポイント 2

◆地域経営環境簡易分析

 ①地域の人口減少や少子高齢化の進行状況と貴院の経営に及ぼす影響

②貴院の治療コンテンツの評価

(地域医療需要と貴院の治療内容との一致度)

③地域の競合歯科医院と差別化できているか

(診療内容、サービス)

④予想される地域経済の変化

 

※歯科医院のホームページがない等、状況によっては診断をお受けできませんのでご了承ください(当方の基準で判断)。

※経営戦略・戦術の立案などは含みません。経営戦略などの立案をご要望の場合は、「定期サポート」にお申込みください。

 

 

◆総合経営診断

費用:別途見積り

 

①経営環境診断、マーケティング診断

②経営データ分析

(決算資料、売上データ)

③診療効率診断

④オペレーション診断

診療を見学して改善点をレポートで提出

 

ご希望の診断内容を組合せます。詳しくはお問合せください。

 

 

地域環境や経営データを分析しても、どういった戦略・戦術を立てれば良いのかがわからない。院長一人では大変なので経営コーチとして寄り添って欲しいという場合には定期サポートがお勧めです。

 

 先ずは「経営相談」にお申込みください。

※定期サポートを希望されない場合も経営相談は可能です。

 

 

◆初回経営相談

(訪問、ZOOM・スカイプ)

 ☆相談内容:歯科医院経営全般

 相談料: 50,000円

(120分、税別)

※2回目以降のご相談は正規の料金で見積り致します。

※実際の診療を見学(2時間)をして、スタッフの動き方、接客などの改善のアドバイスをすることも可能です(別途費用必要 30,000円+税)

 

<交通費・宿泊費>

近畿圏、交通費 5,000

その他地域 交通費 実費

場所によっては宿泊費を請求する場合があります。

 

 

◆定期サポート

(訪問、ZOOM・スカイプ)

 ユニット台数、分院数により

別途お見積りを致します。


 定期的に訪問し、経営のサポートをおこないます。

ユニット3台~7台の医院、10台以上の医院、分院展開をする医院でのサポートの実績があります。

※初回経営相談から1カ月以内に定期サポートに移行した場合は、1回目のコンサルティング費用から初回経営相談費用分を割引致します。

 

<交通費・宿泊費>

近畿圏、交通費 5,000

その他地域 交通費 実費

場所によっては宿泊費を請求する場合があります。

 

   経営のコーチングに関するご相談は

 定期サポートってどんな事をしてくれるの?

 

<院長に代わり経営情報を集め分析>

①地域の経営環境の変化を分析(人口動態、経済、政策、インフラ等)

②国の医療政策等を分析

③地域の歯科医療需要の変化を予測

④他医院が行っている経営対策を分析

 

<経営環境分析に基づき中期経営計画の立案に関わります>

①理念とビジョンの明確化サポート

②経営状況を数値分析

③中期経営計画(3~5年)の立案

 

<中期経営計画の達成をサポート>

①マーケティング分析に基づく戦略と戦術提案

②収益の柱になる治療コンテンツの提案

③医院の質を高めステージを上げていく取組み

 

<短期売上対策>

①広告、ホームページ内容の改善による集患対策

②口コミ・紹介対策

 

<勤務ドクターやスタッフを巻込んだ質を高める対策>

☆患者に長く通ってもらう為におこなう対策(LTVの向上)

①院内のオペレーションの質の向上

②患者満足度の向上

③自費とメンテナンス移行率、継続率の向上

④院内コミュニケーションの改善

⑤スタッフの育成システムの確立

 

<その他対策>

①アポイントシステムの改善

②院長のライフプランニング計画作成

③キャンセルや治療中断を減らす対策

 

など、実施致します。

 

スタッフ5~30人までの歯科医院でサポート実績があります。

 

 

  経営のコーチングに関するご相談は

 

  

 

 

 

 

<定期コンサルティングでおこなうサポート内容>

①マーケティングサポート

◇紹介新患対策

歯科医院経営を安定させていくには

①広告で新患を集める対策

②予防への移行、再初診対策

③口コミ・紹介で患者を集める

の主に三つの集患対策が必要です。

 その中でもこれからの歯科医院経営にとって一番重要なのが「③口コミ・紹介で患者を集める対策」なのです。

 

 広告はとっても大切ですが、ホームページや口コミサイトなどを強化する院長は増えており、「広告費は増えて効果がイマイチ」という状況が今後は増えてくると思われます。

 そして最近の広告で獲得する新患の特徴は「患者がすぐ来なくなること」です。「予約を無断キャンセルされた」「遅刻が多い」「口腔内の状態が悪い患者が増えたが、主訴のみ治療で来なくなる」などのお悩みをよく聞くようになりました。

 こうした患者は「健康観が低い患者」です。実は健康観が低い患者でアポイント枠を埋めていると口コミで急患層が増えていきます。そうなると健康観が高い患者が離れてしまって自転車操業になり、将来の歯科医院経営を悪化させる危険性が高いのです。

 

健康観が高い患者から口コミ・紹介を生み出す

 例えば、「メンテナンスで長年通ってくれている患者が紹介してくれた患者」。紹介者と同様に健康観が高い場合が多くないですか?長年通ってくれる患者は先生の医院にどれだけ貢献してくれたでしょうか。

 健康観が高く、メンテナンスで長く通ってくれる患者が多い歯科医院は将来の「アポイント帳」がある程度埋まっているのです。一方、健康観が低い患者でアポイント枠を埋めている歯科医院では将来のアポイント帳は白紙のままです。

 先生の歯科医師としての信念がおありなので、どちらの患者層も大切にされても良いのですが、健康観が高い患者層は健康観が低い患者層が集まる歯科医院を避けますのでご注意ください。

 私は「健康観が高い患者」を集めて、そこから口コミ・紹介を生む仕組み創りを得意にしています。

 ぜひ、ご相談ください。

 

他にもマーケティングの技術を活かす対策など

◇競合との差別化、医院の「強み」づくり

◇メンテナンス患者を増やす仕組みづくり

◇地域のマーケティング分析と売上対策

 についての対策もご依頼ください。

 

<森脇が得意とするマーケティング手法>

◆患者層マーケティング

地域の経営環境を分析し、ターゲット患者を絞って対策をする事で患者満足度を高めて、口コミ・紹介による患者を増やす手法です。

 

 

  <定期コンサルティングでおこなうサポート内容>

②患者満足度の向上

患者に10年以上通ってもらう為に不可欠なもの、それは「健康観が高い患者層にとって居心地が良い歯科医院を創る」です。

患者の心理状態を理解し、それに寄り添う対応をしていくことで患者の満足度が向上し離れなくなります。対策のポイントは「精神論」だけでスタッフに伝えないことです。

「患者の満足度を向上させよう」「ホスピタリティを高めよう」と院長がスタッフに話しても、スタッフは具体化することができません。だから具体的な行動をスタッフに提案し、日常診療の中に仕組みとして組み込むことが必要なのです。

定期サポートでは具体的な改善点と対処法について提案致します。

 

<森脇が得意とする心理学・脳科学>

アンガーマネジメント、モチベーションマネジメント、コミュニケーション関連の資格を持っていますので、スタッフ心理に基いたマネジメントや、患者心理に基いた患者満足度向上の対策が出来ます。

国はかかりつけ医機能の更なる強化を明言しています。一方、患者はかかりつけ歯科医を探し求めている事が患者アンケートでも明らかになっているのです。一度、かかりつけ歯科医と患者が決めたら9年以上通院するというデータもあり、患者にかかりつけ歯科医に選んでもらう事がとても重要になるのです。

 

 

 <定期コンサルティングでおこなうサポート内容>

③これから10年の経営戦略と戦術提案

・診療圏の分析と経営戦略と戦術の提案

・国の診療報酬削減政策への対策実施

・経営に必要な治療コンテンツの提案

<森脇が得意とする分析法>

◆経営環境分析

国の政策や人口動態、イノベーションによって歯科医院経営を巡る経営環境がどう変化していくのかを読み、10年後を見据えた経営戦略の提案が出来る。

※これから地域によっては人口減や少子高齢化が進み、地域の患者の生活環境やニーズが変化していきます。変化する患者ニーズを把握し歯科医院経営を変化させていかなければ、10年後の成功ビジョンは描けません。地域環境やニーズを分析し、院長と相談しながら対策を進めます。

 

患者とで関わる時代は終わり、これからはどうやってで関われるかが問われています。

患者が10年以上通ってくれることで歯科医院経営を安定発展させる歯科医院創り、

興味を持っていただいたなら是非ご相談ください。

 

 

 

歯科医院経営のご相談は
  
 
歯科の経営コンサルタントのブログ
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ