歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを週2回程度気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

歯科医院経営を改善していく為のヒント その8 ユニフォーム  [2021年04月09日]
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
先生の医院のユニフォームはどういう基準で選ばれていますか?
 
最近では医療用スクラブを採用する医院も増えています。
 
シューズはどうでしょうか?
 
最近はクロックスサンダルを履く医院もありますが私は安全面から疑問を持っています。
 
 
 
 
 
医院によって洗い替えを何枚もらえるのかも違いますし、最初に支給されたもの以外はスタッフの自己負担なんて驚きの医院もあるようです。
 
洗濯もスタッフが家に持ち帰る医院もある。
 
 
 
 
人間は身に着けるものによって意識が変わります。
 
私はスーツを着てビジネスシューズを履くと気が引き締まりますが、ジャージでいると背筋も伸びない。
 
だから勤務ドクターもスタッフも院長も患者から見られているという意識をもつことが必要。
 
 
以前にブログで書いた様に院長も含めて全員が毎朝身なりをチェックされ、ユニフォームが少し汚れただけで着替えることを徹底することでプロ意識が育つのです。
 
院長やスタッフの清潔さが一目でわかり、背筋が伸びていると患者から見ても好感が持てます。
 
 
「人は見た目が9割」という本が売れていますが、人間は少ない情報で全体を判断しますので、院長がいくらこだわって治療技術や提供する歯科医療の質を磨いていても身なりが悪ければレベルが低く見えるのです。
 
 
ちなみに「院長の年齢に比例して来院患者も高齢化していく」と言われますが、院長がパリッとした恰好をして言葉遣いにメリハリがあるだけで若い患者層も来院するようになります。
 
不思議ですね。
 
 
 
 
 
 
そんな医院のブランドを表現するユニフォームへのこだわりがない医院が多いような気がします。
 
 
 
患者は医院にドクターが複数いると「誰が院長かな?」と見ますし、勤務ドクターがペラペラでシワシワのスクラブを着ていたら「技術が低そう」と感じる。
 
歯科医院はもっと「アンカーリング」の技術を活用すべきだと思うのです。
 
 
 
 
医院のブランドイメージを守る為にはユニフォームと着こなしにもこだわる。
 
 
良いものを着れば仕草もそれに見合ったものになります。
 
 
さあ、先生の医院ではどういったイメージ戦略を考えますか?
 
 
もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
 ↓どんなサポートメニューがあるのかを知りたい
 
 
 ↓経営相談のお申込みと問合せ
テーマ:歯科医院経営
Posted at 05:00
 
<<  2021年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ