歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを週2回程度気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

歯科医院の院長が芸能人から学ぶことって何?  [2021年03月02日]
  ↓クリック
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
先生が得意としていること、苦手にしていることは何でしょうか?
 
 
多くの院長は診療中にスタッフの行動にイライラする。
 
出入りの事業者にイライラをぶつける院長もいる。
 
ホームページで「患者様を笑顔に」と謳っている歯科医院の院長の愛想が悪かったりもする。
 
 
そのことによってどんな結果を招くのかは明白であり案の定、スタッフが退職したり患者が増えなかったりする。
 
 
 
実は院長は何をやれば人から評価されスタッフが遣り甲斐をもち、患者が増えて上手くいくのかを理解しています。
 
しかし、その通りにはやらないのです。
 
理想の院長像どおりに行動することを邪魔するのは自分の価値観や感情です。
 
繁盛医院をモデリングしてテクニカルスキルを取り入れても、ヒューマンスキルまでコピーできる院長は少ない。
 
 
 
 
一方、テレビやYouTubeに出てくる芸能人はテレビでのキャラクターが明るく面白くても、プライベートでは人と接するのが苦手であまり話さない人も多い。
 
 
それでも彼らがメディアの前で元気に振舞えるのはプロフェッショナルであり理想を演じることに徹しているからです。
 
 
 
 
院長は患者が治療に向き合うように導くプロフェッショナルであるべきで、目的の為にニコニコ笑顔でいることが必要であるのならばプロとして演じる必要がある。
 
スタッフの成長の為に山本五十六氏の言葉を実践しなくてはならない。
 
私はそう考えています。
 
 
 
理想を徹底的に演じているといつの間にかそれが自分のものになるのです。
 
楽にいくことなんか何一つありません。
 
しかし必要なことは継続しなければならない。
 
継続することが力になることは一流アスリートが証明しています。
 
 
 
 
さあ、今日の朝礼で自分が日頃できていないと感じることの改善を宣言してください。
 
 
治療計画を前日までに立てると決めたのに途中で途切れていませんか?
 
研修で習得した治療技術を臨床で使うと決めていたのにイマイチ自信がなくて従来の治療法を続けていませんか?
 
午後の診療になると表情が暗くてイライラしているとスタッフに指摘されたのに、ボソボソとしたか細い声で患者に話しかけていませんか?
 
スタッフのアシストでのミスにイライラしていませんか?
 
 
 
 
そうではなく理想の自分を演じましょう。
 
そうすることで患者やスタッフを幸せにすることができ、自分自身の心も満たされるのです。
 
頑張ってくださいね。
 
もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
 ↓どんなサポートメニューがあるのかを知りたい
 
 
 ↓経営相談のお申込みと問合せ
テーマ:その他
Posted at 05:00
 
<<  2021年07月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ