歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 
◆歯科医院経営ブログ

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

歯科医院の院長はプロジェクトを効果的に使えているか?  [2023年03月30日]
 
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
さて、先生の医院ではどんな種類のミーティングがあり、どんな種類のプロジェクトがあり、どんな種類の役職や〇〇係があるでしょうか?
そしてそれらは院長が何も言わなくてもスタッフや勤務ドクターの手によって機能し進歩していますか?
 
これらの役割が機能すればするほど組織は重い荷物を動かすことができ、組織の進化のスピードは速まるのです。
 
 
ただ、多くの医院ではプロジェクトや役職やミーティングがあっても上から動かさないと効果的に機能ない。
理由の多くは院長がいつまで経っても権限を手放さないことですが、プロジェクトを扱うスタッフの能力を磨く為には教えながら段階的に任せていく必要があるのです。
 
 
プロジェクトを扱う人がその運営のノウハウを持たないから・・・結局、院長がすべてに関与して意見を言うから・・・、結果的に指示待ちに戻ってしまうのです。
 
子育てと同じように多くの院長は院内のあらゆることに口を出したい。
人が育たない根本原因がそこにあるとも知らずに・・・。
 
 
 
プロジェクトによる取り組みはとても効果的ではあるのですが、プロジェクトリーダーを育てずに形だけ作っても機能しない。
例えば飛行機が質の高い機体と定期整備、そしてパイロット、CA、グランドスタッフ、管制などが連携して安全運航が出来るように、プロジェクトもリーダーが育ち他のメンバーの能力を引き出すことが出来なければ成果は出せないのです。
 
 
 
医院メンバーの成長度が低い段階では院長がプロジェクトリーダーとなりサブリーダーを育てながらプロジェクトで成果を出すしかない。
 
だから、院長がプロジェクトメンバーをまとめあげ能力を引き出すことが出来ないのなら、有効なリーダーシップについて院内に誰も教える人がいないことになりますので、院長はまず適正なリーダーシップを学びながら実践しなければならないのです。
 
 
 
組織の成長度に合わせて階層化やミーティング、プロジェクト活用、役職制度を考える必要があります。
外側だけ体裁が整っているが、医院のミーティングを見学すると結局院長ばかりが話している歯科医院が結構多い気がするのです。
 
下を向きながらミーティングに参加しているスタッフの顔にその理由は書かれているのですが、原因が自分にあると院長は気づかずに「やる気がない」と考えてしまうのです。
 
「背中を押してあげればいいのに・・・」といつも思います。
 
 
 
プロジェクトを効果的に使うには、その前の段階のスタッフマネジメントの在り方を変える必要がある。
でないと、院長は成長できるスタッフを成長させることが出来ずに不満ばかりを友人の院長に言うことになるのです。
 
 
 
 もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
↓サポートメニューを見る
 
 
経営相談のお申込みと問合せ
Posted at 05:00
 
<<  2024年05月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
森脇康博のFacebook
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ