歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを週2回程度気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

歯科医院経営に関する言いたい放題 その5 地域があって医療がある  [2021年06月30日]
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
 
法律によって様々な規制がされている歯科医療、規制される分一定の保護もされてきました。
 
私が開業医団体に入職した38年前は医療費削減政策が始まる分岐点にあり、理事の先生や地域の先生方と「医療はどうあるべきか?」という論議を酒を飲んではしていました。
 
職場の先輩方にも熱い方が多く、仕事が終わってタイムカードを押してから開業医運動のあり方について延々と意見が交わされるのを新人ながらワクワクして聴いていました。
 
 
 
 
あれから40年近く経ち、予測どおり医療制度は変えられてきましたが開業医の先生方も変化してきたと感じます。
 
昔は「経営のことなんか考えたら医療がブレる」と言い切る院長が多かったように思いますが、いまは経営環境の悪化にともなって経営者らしい院長が増えてきた。
 
 
 
しかし、その分「患者との距離を近づけられない医院が増えてきた」とも感じるのです。
 
医院によってはホスピタリティ重視を掲げて接客接遇を強化される医院もあるのですが、見た目の接客は綺麗なのですが何というか患者との関係性が浅いんですよね。
 
プライマリケアなんだからもっと距離感が近くないと・・・と感じます。
 
 
 
 
効率化が進む医院の空気は患者に緊張感を与えますし、過度にお辞儀の角度が深い医院には違和感を感じます。
 
 
「医療ってそんなもんでしたっけ?」「昔はもっとお節介でしたよ」と口から出そうになります。
 
 
 
時代なのかもしれませんが、昔は医院を勝手に宣伝してくれるオバサマも多かったし郊外で開業する院長も地域のコミュニティにもっと参加されていた。
 
でも先日、若手の内科医が地元の行事に出ていくことを「立場があるので」と渋ったという話を聞いてガッカリしたのです。
 
 
 
 
この医療機関と患者の距離感の遠さが医療機関の経営をさらに悪化させていく。
 
そう感じるんですよね。
 
 
時代が変わろうが医療は地域と共にあるべき。
 
 
私はそう考えます。
 
 
これから歯科医院に起こっていく困難も院長が地域との関係をしっかり築いてきていれば乗り越えられる。
 
そう思うのです。
 
 
先生は地域の方々とプライベートでどれ位繋がっていますか?
 
 
もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
 ↓どんなサポートメニューがあるのかを知りたい
 
 
 ↓経営相談のお申込みと問合せ
Posted at 05:00
 
<<  2021年12月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ