歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを週2回程度気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

院長は自分の習慣を少しづつ変えてみる。  [2020年11月24日]
  ↓クリック
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
 
歯科医院の診療で忙しい毎日を過ごしておられる院長は多いと思います。
 
ただ、同じような毎日を過ごしていると新たな発想が出にくくなるのです。
 
視点もだんだん狭くなっていくので要注意です。
 
 
 
 
そんな時にお勧めの方法は、
 
通勤時や昼休みにいつもと違う行動をすることです。
 
まずはいつもと違う一週間を計画して実行するのです。
 
 
すると、脳のシーター波が出るようになります。
 
・作業効率を高める
・記憶力を高める
・ひらめきを生む
 
ことには脳のシーター波が関わっていると言われています。
 
 
 
 
そのシーター波の活動を活発にするには、
 
・昼寝をする
・瞑想をする
・いつもと違うことをする、興味があることを学ぶ
・新しい場所に行く
 
などが有効なのです。
 
 
 
 
例えば、いつもより早起きして自転車で医院まで行くのも良いかもしれません。
 
通勤コースをいつもと変えてみるのもお勧めです。
 
私も開業医団体に勤務している時代には電車を目的地の1駅前で降りて歩いたりしていました。
もちろん、帰りは電車に乗りますので「負担感」をなくして楽しむことが必要です。
 
 
 
診療圏を歩いてみるのも良いでしょう。
私はいつも経営相談の医院の診療圏を歩き回りますが、いろいろな発見がありますよ。
 
 
 
昼休みには20分間の仮眠や瞑想がお勧めです。
 
診療で低下していた集中力が回復しますよ。
 
 
いつもと違うことを意識的に続けていると、新たな行動をする場合のハードルも下がりますので経営にとってプラスになること間違いなしです。
 
 
さあ、今日から始めてみましょう!
 
 
もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
 ↓どんなサポートメニューがあるのかを知りたい
 
 
 ↓経営相談のお申込みと問合せ
テーマ:その他
Posted at 05:00
 
<<  2021年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ