歯科医院の経営改善や組織づくり、ホームページや看板の活用法指導やスタッフ育成の仕組みづくりをサポート。か強診を活用した長期管理型の歯科医院づくりなど。開業医団体で30年の勤務経験があり安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院経営コーチの森脇が歯科医院経営に関する情報や感じたことを週2回程度気ままに発信します。会員限定ブログと違い誰でも読むことが出来ます。

船長は乗組員の頑張りに報いたいと思っただけなのに・・・  [2020年11月02日]
  ↓クリック
おはようございます。
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
 
先生が仲間と一緒に大海原に漕ぎ出した船は順調に航海を続け、目標としていたラポール島に到着したら次に目指す場所も決まりました。
 
 
船長も乗組員も乗客も、次の目的地を目指すことに少しの不安はあるもののワクワクし始めているのでした。
 
 
 
ある日のことです。
 
中継地である島に停泊している船の中を散歩していた船長は驚きました。
 
船員の多くが自由時間にも関わらず、持ち場を掃除したり機械の手入れをしていたのです。
 
中には必要な技術を磨いている乗組員もいました。
 
 
 
「おいおい、自由時間なんだからちゃんと休憩したり、島を観光するなどして楽しんでくれよ」
 
乗組員はみんな「ありがとうございます。でも、お客さんにもっと喜んでもらいたくて」と言いながらも作業やトレーニングを続けたのでした。
 
 
 
船長は嬉しくなる反面、乗組員のこの努力に報いてあげたいと思いました。
 
そして、自由時間を作業やトレーニングに使う乗組員に手当をつけたのです。
 
 
 
 
するとどうでしょうか。
 
今まで、自由時間を休憩や遊びに使っていた乗組員の一部が手当欲しさに作業をし始めたのですが、いままで無償で作業やトレーニングを続けていた乗組員のモチベーションが下がり始めたのです。
 
 
それでも船長は「まあ、一部の人は喜んでくれているしこれで良かったんだ」と自分を納得させたのでした。
 
 
 
 
それから3カ月が過ぎた頃、ある乗組員が船長室のドアをノックしました。
 
「船長、あの・・申し上げにくいんですが、私たちは早朝にも作業をしています。だから、それにも手当をつけては頂けないでしょうか?」
 
船長は「ちょっと考えさせてくれ・・」と言って結論を先送りしました。
 
 
 
 
う~ん、何か最近乗組員の不平不満が増えてきた気がする。
 
前は、自主的に作業やトレーニングを行ってくれていた乗組員も前ほどは頑張っているようには見えないし・・・。
 
何故なんだろう・・・。
 
 
 
船長は頭を抱えてしまったのでした。
 
 
 
さて、上記のことは歯科医院でも起こってます。
 
なぜ、そうなるのか、どうすれば乗組員のモチベーションが上がるのかを説明できますか?
 
 
 
院長のマネジメント力を向上させるには必須ですよ。
 
いつも通りブログでは解答しませんので、一度考えてみてくださいね。
 
 
もっと具体的に話しを聞きたい場合は有料の経営相談にお申込みください。
 
 ↓どんなサポートメニューがあるのかを知りたい
 
 
 ↓経営相談のお申込みと問合せ
Posted at 05:00
 
<<  2021年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ