歯科医院の経営コーチなら三方よしビジョン達成サポート/開業医団体で30年の勤務経験があり、安心してご依頼いただけます。

 

歯科医院専門経営コンサルタント/三方よしビジョン達成サポート 森脇康博のブログです。
「歯科医院の経営のお悩みの解決法」「増患集患対策」「スタッフ教育」について書いたり「診療圏調査って必要?」などの院長の疑問にもお答えします。

スタッフが自走する歯科医院創りには何が必要なのか?  [2019年07月11日]
 
歯科医院経営コーチの森脇康博です。
 
 
 
スタッフの育成で悩まれている院長は多いと思います。
 
基本的には「スタッフが”頑張ろう”と思える状態をどうやってつくるのか」という事なのですが、なかなか思うようにはいきません。
 
 
 
スタッフマネジメントで一番難しいのは「外発的動機づけから内発的動機」への移行です。
 
「指示」「怒り」「評価」「褒める」「報奨を与える」などのコントロール手法に依存しすぎると、コントロールし続けなくてはならなくなり、スタッフが自走する組織にはならないからです。
 
 
 
 
スタッフが自走する組織になるには前提条件があります。
 
それは、
①院長の理念とビジョンが明確
②院長の言葉と行動が一致している
 
という事です。
 
 
まず、院長がブレないこと。
 
そしてスタッフが院長を尊敬できなければ組織づくりはどこかで躓きます。
 
スタッフからの尊敬のポイントは
①治療技術を真摯に高めようとしている
②患者と真摯に関わろうとしている
 
です。
 
 
 
医療の現場では「歯科医療従事者として成長しよう」とする姿勢が尊敬を集めるのです。
 
院長がスタッフから尊敬されて初めて「巻込み力」が生まれます。
 
正しいと思うことに寡黙に取り組む院長にスタッフは「応援したい」「自分も取組みに参加したい」と思うからです。
 
 
 
 
歯科医療従事者として真摯に高めようとする姿勢をスタッフに見せ続ける。
 
そして、人として歯科医療従事者として大切な価値をスタッフに伝え続ける。
 
 
それが何よりも大切です。
 
 
巻込み力ができていけば、多くの院長が苦手にする「院長室を片づけられない」というマイナス点は、スタッフは大目に見てくれますよ(笑)
 
 
「経営環境分析」「経営診断」を開始しました
・新規開業
・既存開業
の医院で
・開業地の現在の経営環境や未来の経営環境予測を知りたい
・決算書(申告書)や診療データーを分析して欲しい
 
というご希望がありましたらご依頼ください。
地域と医院の特徴に応じた分析をおこないます。
 
 
 
 
  経営のコーチングに関するご相談は
 
Posted at 05:00
 
<<  2019年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
歯科の経営コンサルタントのブログ
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ