歯科医院の経営コーチなら三方よしビジョン達成サポート/開業医団体で30年の勤務経験があり、安心してご依頼いただけます。

 
NO5 歯科医院開業のオープニングスタッフ教育  [2015年05月27日]
 
 
   
 
 
 
夢を持って開業を目指す先生が開業で失敗しないよう、開業相談を始めました。
 
 
 
最初から高いスタッフレベルを目指す
 
 
開業場所も決まり事業計画も作成出来た。
 
いよいよ開業に向けてGO! ???
 
 
 
ちょっと待ってください。
 
設計は先生がやりたい治療の流れとスタッフの動きを十分にシュミレーション
 
した上で作成されていますか?
 
開業時はドクター1人とスタッフ3人って思い込みありませんか?
 
院内の導線はいかがでしょう?
 
勤務時代のドクターはあまり導線を意識していないかもしれませんが、
 
導線が短いのと長いのとでスタッフ1人分位の差が出ます。
 
 
 
 
 
開業時に目指すレベルをスタッフに伝える
 
 
オープニングスタッフ教育では、受付対応、アシスタント研修、洗浄・消毒・
 
滅菌、印象、石膏流しのトレーニング・・・など、やることはいっぱいあります。
 
一通り基本的なことが出来てから徐々にレベルアップしていけば・・と考え
 
がちですが、最初が肝心です。
 
最初は出来ないことが多くても当たりまえですが、1年後にはここまで、3年
 
後にはここまで、と目指す基準を決めて勉強会を続けてください。
 
新人が入っても同じことが出来るようにマニュアルやスタッフ行動設計書も
 
作成します。
 
 
スタッフの成長を見える化する為に「スタッフ成長基準表」も作成しましょう。
 
そして、毎年のスタッフの個人目標を決め、みんなで応援しながら成長を目
 
指します。
 
 
私はいままで多くの院長先生とお話をさせていただきましたが、これらのこと
 
は大きな歯科医院がやることだと皆さんが勘違いされています。
 
それは逆で制度を整備していったからこそ患者さんの信頼を得て大きくなっ
 
いったのです。 
 
人間が行動を習慣化するのには毎日の積み重ねが必要です。
 
そして、一度習慣化されたものを変えるのにも時間がかかるのです。
 
高い目標を掲げ毎日コツコツと努力を続けられるか?が勝負です。
 
続けている医院が成功し、続けられない医院が停滞してしまうのです。
 
 
 
あと、スタッフとの距離感も重要です。
 
院長がスタッフと築くべきなのは信頼関係です。友達のように仲が良い関係
 
はありません。
 
開業時にスタッフに気を使い過ぎて後悔している院長はいっぱいいます。
 
 
例えば
 
・開業後何年も経ってからスタッフに新しい治療法の導入を提案したら反対
 
 された。
 
・スタッフルームにコタツや布団を置いたらダラダラ癖がついた。
 
・外部の勉強会への参加を勧めたら嫌そうな顔をされた。
 
・診療中にタメ口で話しかけてくる。
 
等々
 
スタッフレベルはアポの空き時間等にどんな行動をするのかですぐにわかり
 
ます。
 
 
院長は不満に思っておられてもスタッフにはなかなか言えないようです。
 
一度出来上がった人間関係を変えるのはハードルが高くなるのです。
 
たまに院長の権限?を使ってスタッフに指示したら、スタッフが3人そって
 
「辞めさせてください」と言ってきたという笑えない話もあります。
 
 
 
 
 
だから最初から高い目標を掲げ、スタッフを励ましながら一緒に目標に向か
 
って進んでいくのです。
 
その為に最初から学習やミーティング等の制度を作ってください。
 
スタッフとのベクトルを合わせるにはコミュニケーションが欠かせないからで
 
す。
 
「鉄は熱いうちに打て」
 
の言葉を実行してください。
 
 
 
 
あと、開業3年目、5年目の壁に要注意です。
 
開業時はモチベーションが高かった院長も、患者が増え売上が伸びてくると
 
緩んできます。
 
開業当初は勉強会を定期的に開催し、スタッフと交流もおこなっていた院長
 
が、自分で決めたルールを破っていく場合が多いのです。
 
友達とゴルフに頻繁に行き、高級車を購入する。
 
別にゴルフも高級車も悪いとは思いませんが、気が緩んできた時の象徴が
 
これらに表れることが多いのです。
 
 
 
スタッフとの交流も減り、増えた患者の診療時間を確保する為との理由から
 
勉強会、ミーティングも減っていきます。
 
自分で決めたことを守らなかったりする事も増えてきますのでスタッフとの溝
 
が出来ていきます。
 
こうなるとスタッフのモチベーションは下がる一方です。
 
 
もう一度書きます。
 
歯科医院の開業を成功させるには
 
①高い目標を掲げる。
 
②目標(成長基準)を明確にし、計画書にする。
 
③ミーティングや勉強会を継続する。
 
④スタッフにダラダラ習慣をつけさせない。
 
⑤院長は自分で決めたことを守る。
 
が必要です。
 
そしてこれらを実行していくスタッフマネジメントです。
 
スタッフのやる気を引き出し、成長させていくには技術が必要です。
 
次回はスタッフをどうやってやる気にさせるのかについて書きたいと
 
思います。
 
 
 
夢を持って開業を目指す先生が開業で失敗しないよう、開業相談を始めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

歯科開業時の経営戦略・マネジメントに関するご相談は

三方よしビジョン達成サポート 代表 森脇康博まで

  

 
 
 
 <他のページへ>
 
 
 
 
 
 
 
 
Posted at 06:42
 
<<  2020年10月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
森脇康博のFacebook
三方よしビジョン達成サポート
講演依頼
プライバシーポリシー
三方よしビジョン達成サポートのホームページ